北海道百科事典

2021/06/03

【北海道・秋の味覚まとめ】観光旅行におすすめなグルメイベント&お取り寄せ情報も必見!

北海道旅行といえば、観光とともに楽しみなのが旬の食材ですよね。北海道には美味しい秋の味覚がたくさんあって、各地でグルメイベントが開催されるほどです。秋の北海道旅行で新鮮な海の幸や大地が育てた野菜をたっぷり味わいましょう。

今回は、北海道で9~10月に旬を迎えるおすすめの秋の味覚を紹介します。グルメイベントや自宅で楽しめるお取り寄せ情報もあるので、ぜひチェックしてみてください。

秋の味覚の代表格!新鮮な北海道産・海の幸を堪能

海に囲まれた北海道のグルメといえば、海産物は欠かせませんよね。

釧路近海では8~10月に水揚げされるのがスルメイカやアカイカです。小樽では9月になるとホタテやカジカの漁獲時期を迎えます。10~11月に漁獲されるししゃもは、「むかわ町」が有名です。秋の北海道では美味しい海の幸が待っていますよ。

北海道といえばコレ!絶対ハズせない秋の味覚「秋鮭・いくら」

秋鮭やいくらはいわずと知れた、北海道を代表する秋の味覚です。

産卵のために戻ってくる9~10月に漁獲される鮭は「秋鮭」と呼ばれて、ビタミンやEPA、DHAも豊富で、栄養バランスが抜群です。高タンパクで低脂肪なのも魅力です。

いくらにもEPA、DHAといった必須脂肪酸がとても多く含まれています。動脈硬化高血圧などの生活習慣病の予防にいいとされているんですよ。きれいな赤い色はアスタキサンチンによるもので、抗酸化作用が強く活性酸素から身体を守る働きが期待できます。

北海道旅行で食べたい!秋に食べたくなる旬な味「さんま」

秋の味覚の代名詞ともいえるのは北海道産のさんまです。北海道から三陸沖で水揚げされるさんまの漁獲量は、国内のおよそ80%を占めています。栄養素が多く、ビタミン類やDHAのほか、良質なたんぱく質などが含まれています。

栄養豊富な秋の味覚!北海道の大地が産んだ野菜&果物

広い北海道では、エリアごとに特色をいかした農業をおこなっています。野菜や果物もたくさん栽培されているので、観光各地で秋が旬の食材をつかったグルメを楽しみましょう。

ほっこり美味しい!秋に食べたい栄養いっぱいな旬野菜

・カボチャ
北海道は8~12月にかけて旬を迎えるカボチャの出荷量が日本一。栄養豊富で、風邪への抵抗力を高めるカロテンをはじめ、ビタミン類や食物繊維も含まれています。


・ゆり根
薬用として古くから珍重されてきた野菜で、日本では北海道が生産の大半を占めています。むくみ予防に働きかけるカリウムが豊富なほか、鉄分や食物繊維、葉酸も含まれているので、妊婦さんにもぴったりな食材です。

甘くて美味しい!秋に旬を迎える北海道の果物

・ぶどう
ぶどうは北海道でもっとも栽培面積が広い果樹です。ブドウ糖や果糖が多く含まれているので、甘くて美味しく、素早く体内のエネルギーになります。生食用だけでなくワイン用のぶどうの栽培も盛んです。

・なし
北海道では西洋なしが多く栽培されています。なしは未熟な時期に収穫して、追熟されるのが特徴です。炭水化物やカリウムが含まれています。

北海道で秋の味覚を楽しめるグルメイベントをチェック!

秋に北海道旅行をするなら、旬の味覚をたっぷり楽しみたいですよね。北海道各地ではさまざまなグルメイベントが開催されるので、事前に情報をチェックしておくのがおすすめです。

秋の味覚を満喫!北海道の四大グルメイベント

・とかちマルシェ
食の王国として知られる十勝・帯広産の食材を満喫できるグルメイベントです。2020年は9月19日~10月31日まで開催。帯広駅周辺から十勝全域へと会場を拡大して、過去最大規模となる10万人以上の来場者数となりました。

酪農王国ならではの牛肉やジャージー牛乳をはじめ、小麦粉、大豆など十勝産の食材を使った料理が魅力です。複数のお店で提供される帯広名物の「豚丼」は、味比べを楽しみたいですね。

・さっぽろオータムフェスト
秋の北海道グルメイベントといえばこちら。札幌の中心部にある大通公園に、北海道各地の特産品が大集結します。2020年はオンライン開催でしたが、2019年は9月6~29日までおこなわれ、200万人以上の賑わいとなりました。

海の幸からは北海道原産の「ヒメマス」や、毎年大人気の「うにめし」が登場。新・ご当地グルメグランプリ北海道で3連覇殿堂入りした「十勝清水牛玉ステーキ丼」など、会場に足を運ぶと楽しめるメニューが豊富なので、滞在中は時間がある限り毎日訪れたくなるイベントです。

・はこだてグルメサーカス
例年9月に開催され、函館にゆかりがある地域からご当地グルメが集結する秋のイベントです。2020年は中止となりましたが、2019年には20万人以上が来場した人気のグルメイベントですよ。

北海道名物の「ザンギ」や「ジンギスカン」はガッツリ食べたい方にぴったり。グルメイベントには欠かせない「いかめし」をはじめ、北海道の海産物を味わえる店舗もたくさん出店されました。

・北の恵み食べマルシェ
旭川市の中心市街地で開催されるグルメイベントで、道北や交流都市から地域の味が集まります。2020年はオンライン開催となりましたが、2019年は9月14~16日に実施され100万人以上が来場しました。

旭川で人気のラーメンのほか、天塩の「しじみラーメン」や稚内の「塩ホタテラーメン」、増毛の「甘海老ラーメン」と道北ラーメンが大集合。「旭川しょうゆ焼きそば」「旭川しょうゆホルメン」「あったか旭川まん」は、食べマルシェから誕生したご当地グルメです。

北海道で秋の味覚を楽しめる!おすすめグルメイベント!

・ふらのワインぶどう祭り
例年9月に富良野駅前公園で開催されるイベントです。「ふらのワイン」の原料となるぶどうの収穫を祝っておこなわれています。

秋に旬を迎えるぶどうの産地である富良野ならではのグルメイベントで「ぶどう果汁ジュース」や「チーズフォンデュ」などのメニューも提供されます。ぶどう踏みの実演会は、ふらのワインぶどう祭りの名物企画ですよ。

・だて食のフェステバル
例年9月に「総合公園だて歴史の杜芝生広場」で開催されているグルメイベントです。伊達市内はもちろん、道内から美味しいものが集まり約30店舗が出店します。

毎年大人気な白海老町の「白老和牛バーガー」や、伊達市のご当地グルメ「伊達黄金豚(こがねとん)カルツォーネ」が登場。洞爺湖(どうやこ)町の「洞爺焼きそば」や苫小牧(とまこまい)市の「たいやきパフェ」など豊富なメニューがそろいます。

・根室さんま祭り
北海道で秋が旬の味覚といえばさんま。水揚げ日本一を誇る根室のさんまは「とろさんま」と呼ばれるほどの脂がのった美味しさが魅力です。

例年9月には根室港の特設会場でお祭りを開催しています。炉端コーナーで無料で提供されるさんまは、炭火焼で素材の美味しさが満喫できます。大漁さんまのつかみり取り大会や小売即売会など、家族で楽しめるイベントが盛り沢山ですよ。

秋の味覚をおうちで!北海道産の旬食材をお取り寄せ

北海道に行けないときは、おうちで秋の味覚を楽しみましょう。最後に、北海道からお取り寄せできるおすすめの産直情報を紹介します。

秋の新鮮な海産物を北海道からお届け!

秋の味覚で人気の「シシャモ」は、漁獲地で知られるむかわ町からお取り寄せ可能です。鵡川(むかわ)漁業協同組合では、鵡川漁港で水揚げされたシシャモを干して自宅にお届けします。電話とインターネットによる注文を受け付けているので問合せてみましょう。

また、北海道業業協同組合連合会の産直ショップでは、70以上の漁協と関連会社が連携。秋に旬を迎える新鮮な水産物をお取り寄せできますよ。

北海道庁がサポート!北海道産グルメを生産者からお届け

北海道庁では北海道産の食品を応援する取り組みを実施しています。サイトで展開している「がんばれ!道産食品ポータルサイト」は、北海道が登録や認証をおこなっている北海道産の食品を探したい方におすすめです。

北海道の秋の味覚を楽しもう

北海道の秋の味覚を紹介しました。札幌をはじめとした各エリアでは、グルメイベントもたくさん開催されます。9~10月に北海道旅行を計画している方は、主催者のサイトで情報チェックをしておきましょう。

秋の味覚を自宅で堪能するのもおすすめです。新鮮な食材を北海道から産直でお届けしてくれるなんて贅沢ですね。