北海道百科事典

2021/06/03

北海道の美味しい「食」を堪能しよう!おすすめ旅グルメ9選

北海道旅行といえば、真っ先に「食」を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。北海道には美味しいものも、美味しいものを提供するお店もたくさんあります。

この記事を読んで、北海道の美味しいものの楽しみ方を、たくさんシミュレーションしてくださいね。今回は、北海道の美味しいものの情報を「グルメ」「お土産」「体験」の3つに分けて紹介します。

絶対外せない!美味しいご当地グルメ6選

海産物も農産物も豊富にとれる北海道には、特産品を使った絶品グルメもたくさんあります。北海道旅行に行ったら、ぜひご当地の美味しい食事を堪能しましょう。海鮮や肉料理、カレー、ラーメンなど幅広いジャンルの名物が味わえるため、毎日飽きることなく、北海道の「食」を堪能できるはずです。

ここでは、現地でぜひ味わいたい北海道の美味しいグルメのなかから、厳選した6種類を紹介します。

海鮮の宝庫で味わう鮮度抜群の「寿司」

北海道は日本海、太平洋、オホーツク海に面し、各地に質の良い新鮮な魚が水揚げされる漁港があります。そのため、道内の多くのエリアで、鮮度の高い魚を使った生寿司「蝦夷前寿司(えぞまえすし)」が食べられます。札幌などの都市部には、老舗の名店やお手頃なチェーン店など多数の寿司店が集まっています。

また、小樽は寿司の街として有名で、100店舗以上の寿司屋が軒を連ねる「寿司屋通り」があることで知られています。街歩きのコースに組み込めば、ウニやシャコ、ニシンなど北海道ならではの寿司ネタが楽しめますよ。

スープカレーだけじゃない!「ご当地カレー」

北海道のご当地カレーというと「札幌スープカレー」を思い浮かべる方も多いでしょう。しかし実は、北海道のご当地カレーはスープカレーだけではありません。カレーとオムライスを組み合わせた「富良野オムカレー」や特産品のホッキ貝を使った「苫小牧(とまこまい)ホッキカレー」、名物えびタコ餃子を乗せた「羽幌(はぼろ)えびタコ餃子カレー」など、場所ごとにさまざまなご当地カレーが存在するのです。

どのご当地カレーも、地元でとれる食材を使用したものばかり。北海道の味覚を存分に味わえますよ。おでかけ先のエリアのご当地カレーをぜひチェックしてください。

地域ごとに個性あり「ご当地ラーメン」

冬の寒さが厳しい北海道では、熱々のラーメンが愛されています。そのため、各地域の風土に合ったさまざまなご当地ラーメンが生まれました。なかでも北海道三大ラーメンとして親しまれているのが「札幌ラーメン」「函館ラーメン」「旭川ラーメン」。さらに「釧路ラーメン」を加えて四大ラーメンと呼ぶこともあります。

・札幌ラーメン:味噌スープ、太めのちぢれ麺
・函館ラーメン:澄んだ塩スープ、ストレート細麺
・旭川ラーメン:トンコツと魚介の醤油スープに香味油
・釧路ラーメン:あっさりした醤油スープに細いちぢれ麺

ほかにも利尻の「昆布ラーメン」など、特色あるラーメンが北海道には揃っています。

濃いめの甘辛味が北海道流「ザンギ」

ザンギとは、鶏の唐揚げのこと。甘辛い醤油ダレに漬け込んでから揚げ、一般的にイメージする唐揚げよりも味付けが濃いのが特徴です。北海道の家庭料理や飲食店メニューの定番のひとつ。濃い味付けがお酒によく合うため、居酒屋メニューとしても人気があります。専門店も多く、テイクアウトして楽しむこともできますよ。

また、最近増えている鶏肉だけでなくタコを使った「タコザンギ」やラム肉を使った「ラムザンギ」などの新顔メニューにも注目です。オホーツクサーモンを使ったザンギは「網走ザンギ」として、網走の名物となっています。

地元の人も愛してやまない「ジンギスカン」

ジンギスカンは、全国的に知られた北海道グルメの筆頭。真ん中が山型になった独特の形状のジンギスカン鍋で、羊肉と野菜を焼いていただく料理です。北海道では、家庭料理としても親しまれています。ジンギスカンの美味しさの秘密は、鍋の形状にあります。真ん中で肉を焼くと羊肉の旨味が詰まった汁が流れ落ち、周りで焼いている野菜に染み込むのです。

道内にはジンギスカンを提供する店が豊富にあります。タレや羊肉の産地、肉の切り方に至るまでお店ごとのこだわりがあるため、好みの味を探してください。

帯広地方のスタミナ系郷土料理「豚丼」

豚丼は、養豚の盛んな帯広市の郷土料理。厚く切った豚肉を焼いて甘辛い醤油ダレに絡めて、ご飯の上に乗せたシンプルで豪快な丼です。トッピングは薬味のネギや彩りのグリーンピースのみとシンプルなため、肉とタレの味をダイレクトに楽しめるのが特徴。労働者がスタミナをつけられるようにと考案されたといわれるだけあり、ボリュームたっぷりです。

十勝地方の飲食店で広く提供されており、帯広市では豚丼を提供する店を一覧にしたマップも発行しているため、食べ比べを楽しんでみてはいかがでしょうか?

海道の美味しいものを自宅でも!定番のお土産3選

現地で北海道グルメを堪能したら、ぜひお土産でも北海道の味覚を楽しんでください。スイーツや海産物・農産物、地元グルメが再現できる調味料など、自宅でも旅の余韻に浸れる逸品が豊富に揃うのも、北海道の魅力。北海道の美味しいものをお土産にすれば、家族や友人にもきっと喜ばれるはずです。

良質な地元食材を使った「スイーツ」

豊かな農産物がとれる北海道は、小豆などの豆類、牛乳やバターなどの乳製品、もち米、砂糖、小麦など、良質なスイーツの原料が揃います。そのため菓子店も多く、全国的によく知られた銘菓や地元で愛されている素朴なお菓子も豊富です。

常に新商品が並ぶため、行くたびに違う味に出会えるのもうれしい点。有名菓子の道内限定フレーバーも、お土産におすすめです。また、ケーキやプリンなどの日持ちがしない生菓子も、帰り際に購入すれば自宅で味わえますよ。

現地で食べた味が再現できる「調味料」

北海道のお土産店やスーパーでは、名物料理のジンギスカンや豚丼を作るための専用タレが販売されています。地元メーカーのタレや醤油を使えば、北海道で食べた味が自宅で再現できます。また、有名メーカーの調味料のなかにも、北海道限定のものがあります。買って帰れば、料理のレパートリーが広がりそうですね。

このほか、昆布や鮭などの魚介類、ハスカップやメロンなどのフルーツなど、地元の食材を使った醤油や酢、ドレッシングなども売られているため、ぜひ試してみてください。

種類が豊富に揃う「海産物・農産物」

種類豊富で品質の良い「魚介類」やタラコや塩辛などの「加工品」は、産地で買うとリーズナブルに手に入ることもあっておすすめ。特にイクラやウニ、カニなど普段はなかなか手が出ない高級食材も手頃に購入できます。

野菜や果物は初夏から秋にかけて種類が豊富になる時期です。旨味たっぷりのトウモロコシやアスパラガスのほか、北海道ならではの珍しい品種が揃うカボチャやじゃがいもも狙い目。このほか、地元の工房手作りの濃厚な乳製品も、北海道のお土産の定番です。

豊富な食品加工体験を楽しむ旅行プランもおすすめ

北海道には、観光農園など、農畜産物加工体験を実施しているスポットも多数あるため、足を運んでみるのもおすすめです。代表的なものとして挙げられるのが、新鮮な牛乳を使った乳製品作りができる加工体験。バターやチーズ、アイスクリーム作りを体験できて、体験後にはできたてを味わえます。

各地の特産品を使った加工体験にも注目です。そばやおぼろ昆布、ソーセージ、ジャムなど、道内各地にさまざまな体験プログラムがありますよ。作った食品は持ち帰れるので、お土産としてもぴったり。何より、自分で作った食品を味わう貴重な経験は、良い旅の思い出になるはずです。予約が必要な施設が多いため、事前に確認してくださいね。

北海道の美味しいものを堪能する旅をしよう

北海道には、現地で食べられる人気のご当地グルメや、地元食材を使ったお土産品など美味しいものがたくさんあります。

食品を自分で作る加工体験プログラムも各地域にあるため、美味しい旅の思い出作りをするのもおすすめです。「食」は北海道の大きな魅力のひとつ。北海道の美味しいものをめいっぱい楽しんで、記憶に残る旅にしてくださいね。