北海道百科事典

2021/06/02

北海道旅行でご飯を食べるならコレ!外せない人気グルメ10選

美味しいご飯を楽しみに、北海道旅行に出掛ける方は多いでしょう。北海道には海鮮や肉料理、さまざまなご当地料理など人気グルメがたくさんあり、予約必須の店もあるため、下調べが欠かせません。

食べ逃しがないよう、まずは外せないグルメをリサーチしましょう。今回は、北海道旅行のご飯でぜひ食べてほしい、おすすめのグルメを10種類厳選して紹介します。

地域色あふれる!北海道のご当地カレー

北海道には海鮮や野菜、乳製品などの特産品がたくさんありますが、特産品をふんだんに使った北海道ならではの「ご当地カレー」が各地にあることをご存じですか?地元産の肉やホッキ貝・エビ・タコなどの海鮮、たっぷりの野菜など、具材にそれぞれ特色があって、ルーとの相性もばっちりの美味しいカレーばかりです。

ここでは、なかでも魅力的なご当地カレーを3種類ピックアップして紹介します。

大きな具材が楽しい「札幌スープカレー」

札幌のご当地カレーといえば、全国的にも有名になった「スープカレー」。札幌市内には、自慢のスープカレーを提供する店舗が多数あります。

スパイスが効いたサラッとしたカレーに、大きめの具材がごろっと入っているのがスープカレーの特徴。具材の定番はチキンレッグや地元でとれる野菜ですが、なかにはハンバーグやエビ、ホタテなど個性的な具材を使ったものもあります。スープのベースも鶏ガラやトンコツ、エビ、トマトなど店によって違うため、食べ比べするのもおすすめです。

炭鉱の町で愛され続ける「夕張カレーそば」

カレーといえばご飯と合わせるイメージですが、夕張のご当地カレーは「そば」。かつて炭鉱の町であった夕張で、炭鉱で働く労働者から愛されたグルメです。夕張市内には市内の飲食店で構成された「夕張カレーそば協議会」があり、地元の味を守り続けています。

カレーと和風の出汁が効いたトロッとしたスープとそばは、意外なほど相性ばっちり。各店で工夫を重ねた独自の味が楽しめるため、好みの一杯を探すのもよいですね。

カレーとオムライスWで美味しい「富良野オムカレー」

富良野のご当地カレーは、カレーライスとオムライスを組み合わせた贅沢な「オムカレー」です。お米や卵、野菜、肉のほかチーズ、バター、ワイン、福神漬けなど、使用する食材は富良野産・北海道産にこだわるのが富良野オムカレーのルール。また、富良野の食材を使った一品と地元の牛乳を添える提供スタイルが基本です。

値段は税抜1,100円以内と決められているため、リーズナブルに味わえるのもポイント。富良野オムカレー推進協議会のサイトでは提供店を一覧にした富良野オムカレーマップも公開されているため、チェックしてみてください。

ご当地グルメの定番!北海道のラーメン

気温の低い北海道で、ラーメンは道民の食文化に根差した料理のひとつです。道内には多くのラーメン店が軒を連ね、工夫をこらした一杯を提供しています。

また、エリアごとに異なる風土から生まれたご当地ラーメンも多数あり、地元の人はもちろん旅行者からも愛される存在です。なかでも、これから紹介する「札幌」「函館」「旭川」のラーメンは一般的に北海道三大ラーメンと呼ばれ、北海道ご当地ラーメンの代表格です。

濃厚味噌スープがたまらない「札幌ラーメン」

札幌は、味噌ラーメンの発祥の地として知られており、全国的な知名度も抜群。市内には味噌ラーメンを提供するラーメン店が多数あり、なかでも10軒以上のラーメン店が通りに立ち並ぶ「元祖さっぽろラーメン横丁」は、人気の観光名所です。

札幌ラーメンの麺は太めのちぢれ麺が多く、具材はネギやメンマ、チャーシューなどのスタンダードなものが基本。コーンやバターなど味噌スープに合う地元の食材も、トッピングの定番です。味が濃く具材もたっぷりなのが特徴で、がっつり食べたい夜ご飯にも大満足のグルメです。

透き通った塩スープが美しい「函館ラーメン」

函館ラーメンは、澄んだ塩スープ。鶏ガラやトンコツ、昆布、ほたて貝柱、香味野菜などをじっくりと火にかけたスープは、さっぱりとしているのに旨味が深く、ごくごくと飲み干せる美味しさです。麺はストレートの細麺で、スープがよく絡みます。

トッピングにはチャーシューやネギ、なるとなどのオーソドックスなもののほかに、じゅわっとスープが染みた麩(ふ)を使うことも。函館市内には約150店のラーメン店があり、店ごとに個性が光る味を食べ比べできます。

醤油仕立てのダブルスープ「旭川ラーメン」

旭川市内には人口に対して非常に多くのラーメン店があり、人口10万人以上の都市ではなんと全国2位。旭川ラーメンは、北海道の醤油ラーメンの筆頭として知られています。

トンコツと煮干しなどの魚介だしを合わせた濃厚な醤油スープが、低加水のちぢれ麺によく染みるのが特徴。氷点下20度以下にもなる気温のもとでも冷めにくいよう、表面が焦がしラードなどの香味油で覆う工夫もされています。寒さ厳しい冬の北海道でも、最後の一口まで熱々を楽しめるのがうれしいですね。

新鮮な食材が堪能できる!寿司・海鮮丼

日本海、太平洋、オホーツク海に囲まれ、各地で新鮮な魚介類が豊富に水揚げされる北海道。北海道でご飯を食べるなら、海鮮は外せません。

なかでも寿司と海鮮丼は、北海道を代表する名物グルメのひとつ。市場の周辺や街なかには、老舗の名店からリーズナブルなチェーン店まで寿司・海鮮丼を提供する店が多数あり、どこに入るか迷ってしまうほどです。

北海道の新鮮な魚介を堪能する「寿司」

北海道の新鮮な魚介類を使った生寿司は、鮮度を保つために素材に手を加えることの多い「江戸前寿司」に対して「蝦夷前寿司(えぞまえすし)」と呼ばれます。季節ごとに旬の魚をそのまま味わえる北海道の生寿司は、素材本来の美味しさが存分に味わえる、最高のごちそうです。

蝦夷前寿司が食べられる寿司屋は道内にたくさんありますが、なかでも小樽は寿司の街として知られ、「寿司屋通り」をはじめ市内には100店舗以上の寿司屋があります。

また、場所によっては、特産の食材を使った郷土寿司が名物となっているので、訪れたらぜひ味わいたいところ。根室産昆布やさんまを使った「根室さんまロール寿司」や、魚や野菜、麹(こうじ)を混ぜて発酵させた石狩の「飯寿司(いずし)」が有名です。

海の幸の共演を楽しむ「海鮮丼」

ご飯の上に新鮮な魚介がふんだんに乗った海鮮丼も、大人気のグルメ。道内各地にある市場内や周辺の飲食店では、魚や貝類、エビ、カニ、イクラなど、鮮度抜群の素材をこれでもかと使った絶品の海鮮丼を味わえます。

なかでも釧路和商市場では、市場内の各店で好きなネタを好きなだけ購入してご飯に乗せる「勝手丼」は有名です。朝から営業している店や朝食に海鮮丼盛り放題が楽しめるホテルなどもあるため、ぜいたくな朝ご飯をいただくのもおすすめ。

また、稚内のウニ丼など地域ごとに名物海鮮丼があるため、そちらもチェックしてみましょう。

旅先でもガッツリ食べたい!肉グルメ

旅行先でも「がっつりスタミナのつくご飯を食べたい」という方には、肉料理がおすすめ。畜産が盛んな北海道では、ブランド牛をはじめとする牛肉以上に、豚肉や羊肉がよく食べられています。

なかでもこれから紹介する「豚丼」や「ジンギスカン」は、郷土料理として北海道の人たちに愛される、生活に根差した料理。北海道に行ったらぜひ味わって、地元の食文化に触れてみてください。

羊肉の旨味が野菜に絡む「ジンギスカン」

ジンギスカンは、国土交通省が主催する「農山漁村の郷土料理百選」にも選ばれた、北海道民のソウルフード。中央が盛り上がったジンギスカン専用の鍋を使うのが特徴で、中央に肉を、周囲の溝に野菜を乗せて焼きます。流れ落ちた肉の旨味が野菜にたっぷり染みて美味しいですよ。

すすきのなどの繁華街だけでなく、郊外に本店を置くチェーン店など、道内にはジンギスカンを出す専門店や居酒屋が多数あります。お店ごとにタレや肉にこだわりがあるため、肉好きなら食べ比べても楽しめます。

厚い豚肉と甘辛タレのスタミナ料理「豚丼」

豚丼は、養豚が盛んな十勝地方の帯広市で生まれたと言われる郷土料理。砂糖醤油風味の甘辛いタレが絡んだ厚切りの豚肉をご飯に乗せた丼で、飲食店のメニューとしても定番です。具材は白髪ネギのトッピングのみという場合が多いシンプルさが特徴。労働者がスタミナをつけられるように、と考案されただけあって、ボリュームのある豚肉が食べごたえある一品です。

帯広では、自宅で豚丼を再現できる豚丼のタレのほか、豚丼味のスイーツなどのお土産も買えるため、豚丼が気に入ったら試してみてはいかがでしょうか。

美味しいご飯は北海道旅行の醍醐味!

北海道には、ご当地カレーやラーメン、寿司・海鮮丼、肉料理など、美味しい食べ物がたくさん。ご当地グルメのジャンルも幅広く、エリアによっても名物が違います。

前情報なしに北海道旅行に出発すると「いざご飯!」となったときに、何を食べようか目移りしてしまうはず。事前に北海道の美味しいものについて知識をつけて、現地ではお目当てのご飯をお腹いっぱい楽しみましょう!